代表挨拶

人間力を鍛え、よい製品を造る

弊社のホームページをご覧いただき有難うございます。
さて、昨今「日本のモノづくり」の話題をよく耳にします。またそれに関連して町工場、特に金属加工を生業(なりわい)とする様々な中小工場もマスコミ等で脚光を浴びています。
それらの話題の根底には、世界に冠たる日本の工業製品技術を下支えしているのは、日本工業界の裾野に広がる小さな工場の技術力とか、職人技であるという認識があります。

私達「セキヤ」も、そのような技術に強い想いをもつ金属加工メーカーの一つです。 私たちが創業したのは40年前。洋食器から始まり、ハウスウェアー産業機器へと変化し、「技術を向上させ、よい製品を造る」という一念で今日に到りました。 その間、風雪もありましたが、よい人にも恵まれ、お陰様で燕に「セキヤ」ありと自負できるようになりました。

当たり前の話ですが、技術の根本は人にあります。人から伝承された技術を切磋琢磨させながら向上させる。幸いなことに、金属加工の盛んなこの燕市は、私達を成長させる格好の「道場」であったと思います。
今までも、これからも「セキヤ」は「人間力」を鍛えながら技術力の向上を図り、よい製品をもってお客様に応えたいと強く念願する次第です。

代表取締役 関谷 亮

会社概要

商号 株式会社セキヤ
代表取締役 関谷 亮
所在地 〒959-1272 新潟県燕市杉柳147
TEL 0256-63-7238
FAX 0256-62-5779
Email info@k-sekiya.co.jp
資本金 2,500万円
従業員数 13名
敷地 2,970㎡
建物延面積 2,100㎡

主要生産品目

  • エアーライン補助機器(フィルタ-容器)製造 ― OEM
  • 業務用金属厨房用品製造販売 ― 自社、OEM
  • 医療用金属容器製造 ― OEM

沿革

昭和30年8月
関谷製作所として創業 洋食器の製造を開始
昭和35年1月
合資会社関谷製作所を設立 資本金200万円
昭和45年8月
資本金400万円に増資
昭和50年1月
金属厨房用品の製造販売を開始 洋食器の製造を中止する
昭和55年12月
資本金1,500万円に増資
平成6年2月
株式会社セキヤ設立
平成6年7月
合資会社関谷製作所を吸収合併 新資本金2,500万円

主要取引先

長野県長野市
株式会社岡沢製作所様
東京都
SMC株式会社様
新潟県燕市
株式会社遠藤孝商店様
新潟県燕市
江部松商事株式会社様
新潟県新潟市
ウルシヤマ金属工業株式会社様
神奈川県横浜市
株式会社カリタ様
東京都
サーモス株式会社様
新潟県三条市
ホクリク総業株式会社様

設備一覧

油圧プレス 300t 1台
油圧プレス 200t 1台
油圧プレス 150t 1台
ダブルクランクプレス 200t 1台
サーボプレス 200t 1台
プレス 200t 1台
プレス 110t 2台
プレス 80t 1台
プレス 40t 2台
プレス 25t 2台
へルール加工専用機   1台
他  専用機   数台
シャワー式洗浄機   1台
TIG 溶接機   2台
スポット溶接機   1台
円周自動TIG溶接機   1台
板金ロール機 3台
旋盤   1台
直立ボール盤   1台

アクセス